ダイソン オンラインストア 221616.com【ガリバー】

2011年05月24日

縄文時代のノコギリクワガタが奈良で出土 完全形は初

 奈良県御所市の秋津遺跡で、縄文時代晩期後半(2800〜2500年前)のノコギリクワガタがほぼ完全な形で出土し、県立橿原考古学研究所が24日、発表した。昆虫は腐食しやすいため残りにくく、クワガタの全身が発見されるのは縄文時代に限らず初めて。

 橿考研によると、縄文時代のクワガタは東京都東村山市の下宅部(しもやけべ)遺跡などで一部が見つかっているが、全身の出土例は確認されていないという。

 全長6・3センチのオスで、小川の南岸に生えていたアカガシの根っこから見つかった。大雨などの影響で死後すぐに泥で真空に近い状態でパックされたため良好に残ったとみられる。

 アカガシのほかにもクヌギやコナラなど食用の実が成る樹木の雑木林が小川の南側で見つかり、北側では約1千点もの縄文土器の破片も出土した。

 クワガタを発見した橿考研の松岡淳平調査員は「子供のときクワガタを昆虫採集で見つけたときと同じ感動があった」と話した。

 出土したクワガタは橿考研付属博物館(橿原市畝傍町)の特別展で25日〜6月12日に展示される。(5月24日産経新聞)





posted by やまちゃん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 未配信ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

平泉、世界遺産登録へ 観光振興「起爆剤に」 

 岩手県の「平泉の文化遺産」に7日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関から世界遺産への登録勧告が出された。3年前の「登録見送り」を教訓に、構成資産を9つから6つに絞って勝ち取った「内定」。構成資産から除外された奥州市、一関市からも東日本大震災からの復興に向け喜びの声が上がった。

 今回の構成資産は中尊寺、毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡、金鶏山、柳之御所遺跡で、いずれも平泉町内にある。「浄土思想と個々の構成資産との関係が不明確」と指摘された前回の勧告を踏まえ、昨年1月に作成された今回の推薦書では白鳥舘遺跡、長者ケ原廃寺跡(以上、奥州市)、「骨寺村荘園遺跡と農村景観」(一関市)を除外した。

 この決定に当初は反発する声もあったが、奥州市の小沢昌記市長は「復興に向けて希望の光がともったような気がする。登録に向け関係機関は最後まで頑張ってほしい」、一関市の勝部修市長も「県全体、被災地の復興にとっても平泉から大きな希望の光を発信できる」とエールを送った。

 勧告を受け地元では観光面での期待も大きい。平泉町によると、4月29日から今月5日までの連休中、同町を訪れた観光客は約4万5千人で昨年同期から80%以上も減った。町は観光対策のプロジェクトチームを発足させ、奥州、一関両市などと連携を深め、「世界の平泉」をアピールする方針。首都圏キャンペーンなども行うという。県北部の酒造会社は「平泉の世界遺産登録を起爆剤として、全県の観光振興を図ってほしい」としている。 (5月8日産経新聞)





posted by やまちゃん at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 未配信ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメンホテプ3世の巨大像を発掘、ツタンカーメンの祖父 アメンホテプ3世の巨大像を発掘、ツタンカーメンの祖父

 エジプトのザヒ・ハワス文化財担当国務相は26日、古代エジプトのアメンホテプ3世の像が発掘されたと発表した。高さは13.65メートルで、これまで見つかったアメンホテプ3世の像としては最も大きい。

 発掘が行われたのは、エジプト南部ルクソールのナイル川西岸にあるアメンホテプ3世の葬祭殿跡。この像は葬祭殿の北側の入り口にあった像2体のうち1体とされ、紀元前27年の地震で倒壊したとみられている。発掘時には7つに分かれた状態で、頭部は見つかっていない。

 アメンホテプ3世はツタンカーメン王の祖父にあたる人物で、約3350年前にエジプトを統治していた。

 今回の発掘ではこのほか、ライオンの頭を持つ女神セクメトの像(高さ1.85メートル)や、知恵の神トートの像の一部も見つかった。(4月27日ロイター)





posted by やまちゃん at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 未配信ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源平合戦で焼失50万枚…東大寺再建の瓦

 大阪府泉佐野市東羽倉崎町の安松田(やすまつだ)遺跡から、平安末〜鎌倉時代初めの大量の瓦が見つかり、府教委が19日発表した。源平の合戦で治承4(1180)年、平氏に焼き討ちされた東大寺(奈良市)の再建で使われた瓦と大きさや文様が一致。遺跡一帯で生産された瓦が約60キロ離れた東大寺大仏殿などに使われたという。東大寺再建時の瓦窯(がよう)は岡山市の万富(まんとみ)窯、愛知県田原市の伊良湖(いらこ)窯に次いで3例目で、再建時の状況を再現する貴重な資料になりそうだ。

 調査では、瓦片約1300点が出土。瓦は縦42センチ、横34センチで通常の瓦の2倍近い大型で、軒先を飾る軒平瓦の文様も東大寺で出土した同時期の瓦と一致。瓦がずれないようくぎで固定したくぎ穴もあったことから、屋根が巨大で傾斜がきつい大仏殿に葺(ふ)かれた可能性が高いという。粘土を採取した穴や炭が詰まった穴も見つかり、この地域で瓦窯を築いて大量生産したとみている。

 東大寺は、平重衡(しげひら)の焼き討ちで大仏殿や大仏などが焼失。後白河法皇から大勧進職に任じられた僧・重源(ちょうげん)が、寄付を募る勧進を行い再建された。

 泉佐野一帯は当時、重源と親しかった太政大臣・九条兼実(かねざね)が治め、東大寺再建では資材調達などで相談を受けていた。大仏殿には最大50万枚の瓦が葺かれたと推定され、遺跡一帯は良質な粘土がとれたことから、兼実が調達に協力したとみられる。

 これまで泉佐野一帯で東大寺の瓦が焼かれた記録は見つかっておらず、府教委は「東大寺再建の隠された歴史の一端が明らかになった」としている。

 東大寺は奈良時代に聖武天皇が建立し、鎌倉時代に再建されたが戦国時代に再び兵火で焼失。現在の大仏殿は江戸時代に再建された。瓦は26日〜5月8日、大阪府大阪狭山市の府立狭山池博物館で展示される。(4月2日産経新聞)







posted by やまちゃん at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 未配信ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
JAL 日本航空 宿・ホテル予約ならじゃらんnet 京王百貨店 京王百貨店 楽天トラベル株式会社