ダイソン オンラインストア 221616.com【ガリバー】

2008年12月21日

出土木札に「大岡越前守」 南町奉行所跡から

 江戸南町奉行所があった東京都千代田区の有楽町2丁目遺跡で、大岡裁きで知られる「大岡越前守(おおおかえちぜんのかみ)」と書かれた木札が出土していたことが、区教育委員会などの調査で分かった。

 大岡越前守は、奉行の大岡忠相(おおおか・ただすけ)(1677〜1751年)を指しており、出土品で大岡の名が確認されるのは初めてという。木札は当時の書記官が仕事をする地下の部屋に残っていた。伊勢神宮の神主が大岡の側近3人のために書いたらしい。詳しい用途は不明。

 区教委は平成17年に奉行所跡を発掘。木札は縦26センチ、横5センチ。上段は「大岡越前守様御屋敷ニ而(テ)」で始まり、左に「市川儀平太様」「山本左右太様」「小林勘蔵様」と3人の側近の名があった。下段は「檜垣(ひがき)六神主」など伊勢神宮の神主3人の名を連ねていた。  (12月21日産経新聞)



posted by やまちゃん at 22:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 未配信ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

07F06607F066O0ARE2y5E[AE
Excerpt: 伊勢神宮について気になりだしたら止まらない!調べまくって見ました。やはり単純に...
Weblog: 伊勢神宮
Tracked: 2008-12-22 15:30
JAL 日本航空 宿・ホテル予約ならじゃらんnet 京王百貨店 京王百貨店 楽天トラベル株式会社
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。