ダイソン オンラインストア 221616.com【ガリバー】

2011年08月19日

萩前・一本木遺跡:奈良期の大規模建物跡 郡衙の可能性も−−高松

 高松市教委が発掘調査している「萩前・一本木遺跡」(同市仏生山町甲)で、古墳時代中期から奈良時代の大型集落跡などが見つかった。一辺が約60〜70センチある長方形の柱跡も確認され、大規模建物が存在したとみられる。担当者は「大規模建物は、讃岐国府の支所にあたる『香川郡衙(ぐんが)』などとして使われた可能性もある」と話している。

 調査は高松市民病院の建設工事に伴って今年4月から実施。調査予定地約1万5430平方メートルのうち、これまでに約2780平方メートルを発掘した。


 その結果、竪穴住居跡12棟や掘っ立て柱建物跡7棟を確認。掘っ立て柱建物のうち1棟は、九つの柱穴が縦約70センチ、横約60センチの長方形で、直径約15〜30センチの円柱跡だった他の建物とは規模も形状も異なっていた。付近から出土した、須恵器や土師器の破片、都でよく使われた特徴的な文様のある土器の一部などから、長方形の柱を持つ建物は奈良時代、残る住居などは古墳時代後期から飛鳥時代に使われたとみられる。

 市教委文化財課の船築紀子主事は「北約200メートルには、都と地方を結んだ旧南海道があったとされ、大規模建物は、讃岐国府の支所などの公的機関として使われた可能性もある。地域の歴史を知る上で貴重」と話している。市教委は来年8月まで、残る予定地の作業を行う予定。(8月19日毎日新聞)


posted by やまちゃん at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 未配信ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
JAL 日本航空 宿・ホテル予約ならじゃらんnet 京王百貨店 京王百貨店 楽天トラベル株式会社
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。