ダイソン オンラインストア 221616.com【ガリバー】

2012年06月30日

宇陀松山城跡で鯱瓦出土 市教委「当時の山城知る貴重な資料」 奈良

 江戸時代初期の珍しいゾウの形をした瓦が見つかった宇陀市の国史跡「宇陀松山城跡」で、16世紀末〜17世紀初めに制作されたとみられる鯱(しゃちほこ)瓦が出土し、同市大宇陀拾生の松山地区まちづくりセンター「千軒舎」で展示されている。7月5日まで。

 市教委によると、破片などを含めて4個分の鯱瓦が見つかった。このうち1個は胴体部分を除いた頭と尾びれがそろっており、今回復元して公開した。推定で高さ約1メートル、幅0・25メートル。

 市教委によると、鯱瓦は、豊臣家支配下で1592〜1600年に城主を務めた多賀秀種の頃、改修された天守閣を飾るために制作されたとみられる。

 鯱瓦が見つかった近くでは、多賀家の家紋が装飾された瓦も出土した。

 市教委は「近世の鯱瓦がほぼ完全な状態で見つかるのは珍しく、当時の山城の様子を知る貴重な資料になる」としている。産経新聞 6月29日
無題3.png
posted by やまちゃん at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 未配信ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
JAL 日本航空 宿・ホテル予約ならじゃらんnet 京王百貨店 京王百貨店 楽天トラベル株式会社