ダイソン オンラインストア 221616.com【ガリバー】

2012年07月22日

北端・段差、南端・石垣を発見 大津市の膳所城遺跡

 県文化財保護協会は、大津市の膳所城遺跡で、北の丸の南北端を示す段差や石垣などが見つかった、と発表した。北の丸の発掘調査は初めて。規模や築城後に拡張工事が行われたことが推測できるという。
 膳所城は1601年に築城。1870年の廃城後に解体され、湖岸部の埋め立ても進んだため、公園となった本丸跡以外の遺構はほとんど地表に残っていない。

 調査は北の丸の一部にあたる約270平方メートルで行われた。北の調査区で、北の丸北端部とみられる高さ1・3〜1・5メートルの段差を確認。調査地の南に接する公園には、南端部とみられる石垣が現存しており、南北方向は約60メートルの規模だったことが分かった。

 一方、南の調査区では上下2段に重なる石垣が見つかった。ある時期には、この石垣が北の丸の南端だったとみられる。現存する石垣より約17メートル北にあり、北の丸が南へ拡張されたことを示すという。拡張時期は不明だが、膳所城は寛文2(1662)年の地震で被害を受けたことが分かっており、関連を調査する。また建物の周囲をめぐる雨落ち溝なども見つかり、同協会は「北の丸内部の建物配置や区割りを探る手がかりを得た」としている。

 同協会は22日、安土城考古博物館(近江八幡市)で開く報告会「あの遺跡は今!15」の中で、今回の調査報告や出土遺物の展示を行う。同博物館や県埋蔵文化財センター(大津市)で写真パネルの展示も行う。いずれも無料。京都新聞 7月21日








posted by やまちゃん at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 未配信ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/282584954

この記事へのトラックバック
JAL 日本航空 宿・ホテル予約ならじゃらんnet 京王百貨店 京王百貨店 楽天トラベル株式会社